home > 活動紹介

activityごみ減量ネットワークの活動の記録(2011年度)

8月2日(月) 神奈川県逗子市 廃棄物減量等推進員新人研修
【逗子市役所会議室】

平井竜一市長が冒頭に挨拶され、今年の3月議会でゼロ・ウェイストを目指すと明言したこと、具体的には10年後に焼却量を3分の1に、埋立量を10分の1に減らすことを目標とすることなどを説明されました。その高い志に心から敬意を表したいと思います。

ページのトップにもどる

7月24日(土) 青森県十和田市 廃棄物減量等推進員研修会
【十和田市民センター視聴覚ホール】

けっこう大きなホールで、100人以上の方が参加してくださいました。以下は、参加者の皆さんのご感想の一部です。
●ごみ減量化を図るためには、行政だけの縦長の連携だけでなく、市民の方々と推進員と交流し、課題についての協議会を開くなど、多くの市民の方々へどのような内容であるのか、活動をどのようにしているのかを行政、推進員、市民との連携をとり活動することが大切ではないかということがわかった。(30代、男性)
●他市のごみの指導について知ることができました。
●今まではあまりごみに対して関心がなかったが、このような機会を得てはじめて理解が得られるような気がします。(60代、男性) 
●事例をあげてわかりやすく説明してもらい大変良かった。飽きることなく聞くことができた。(60代、男性)

0724

翌日は奥入瀬渓流を散策しました。梅雨明けの陽射しを受けた無数の葉が輝きながら揺らめくカツラの大木。荘厳な美しさです。花はノリウツギ、ヤマアジサイなどが盛りでした。東北らしく、まだヤマボウシも咲いていました。

0724

0724

ページのトップにもどる

7月10日(土) 新潟県胎内市 胎内住みよい郷土づくり協議会
【胎内市産業文化会館】

胎内市は新潟県北部に位置し、2005年9月に中条町と黒川村の合併により誕生した市です。胎内市という印象的な名称は、市内を流れる胎内川に由来します。

0710

この日は胎内市住みよい郷土づくり協議会の研修会でした。同協議会は、もともと県が地域の生活環境保全と公衆衛生改善のために全県下で設立した組織ですが、現在残っているのはここだけということです。主な活動として、春・夏のクリーン作戦、河川パトロール、環境パトロール、集落懇談会、環境標語募集、白砂青松を取り戻すための活動、EM活用講習会、食生活改善推進委員自主活動調理講習会、保健推進活動子育て会などがあります。開会前にお話しさせていただいた会長さんたちは、砂浜の浸食が進みかつての美しい海岸美が失われてしまったことを嘆いておられました。また、近年畜産業者が増えており、その悪臭対策も大きな課題とのことでした。

ページのトップにもどる

7月5日(月) 兵庫県たつの市 地域でチャレンジ生ごみ堆肥化事業講演会
【たつの市福祉会館大会議室】

生ごみのリサイクルにテーマを絞った講演会で、NPO法人シティズンホームライフ協会の小寺悦子さんとご一緒に講師を務めました。たつの市は、電動式生ごみ処理機、コンポスト、段ボールコンポスト、ミミズコンポストなどさまざまな方法で生ごみリサイクルに取り組む団体に活動費の一部を補助する事業を、昨年度から始めています。この事業をきっかけとして、生ごみリサイクルが全市に広がることを期待します。

ページのトップにもどる

7月3日(土) 滋賀県守山市 守山市地域環境推進員研修会
【北消防署多目的研修室】

大雨の中の研修会となりましたが、約100名の参加者がありました。参加者の方からは、次のようなご感想が寄せられました。

● 推進員としての意識の改革に繋がった。
● 具体例を基に他市の現状を説明していただき、自分たちの状況がわかった。
● 町内の研修会でも講演をお願いしたい。

0703

守山市は関西の中でも早くから資源の分別に取り組んできた実績があり、ごみ有料化についても先進自治体と言えます。その仕組みは、これまで2段階有料制でしたが、昨年7月から単純従量制に変更し、ごみ処理費の4分の1を市民に負担してもらうよう価格設定したそうです。また、同時に破砕ごみを粗大ごみ(個別収集)と破砕ごみ(有料指定袋制)に分けるという分別方法の変更も行いました。実施にあたっては地域での説明会を100回以上実施しましたが、地域環境推進員はほとんど説明会には関わらなかったとのことです。行政と住民をつなぐごみ減量のリーダーである地域環境推進員が、こうした説明会の講師役を担うところまでいってほしいと思います。

ページのトップにもどる

7月2日(金) 福井県大野市 リサイクル推進員研修会
【学びの里めいりん講堂】

0702

大野市は越前の小京都とも呼ばれる城下町です。会場の「学びの里めいりん」は、小学校と同じ敷地内にあり、当日も研修会の受付のすぐ横を給食係の児童たちが食器を携えて行き来する光景が見られました。大人と子どもが日常的にふれ合えるこのような施設は、他の地域でももっと見ならう価値があるのではないかと思います。
大野市では町内ごとに1〜2名のリサイクル推進員が委嘱されており、地域の環境美化やごみ減量のために活動しています。当日も皆さん熱心に聞いてくださいました。

0702

大野城は会場のすぐ近く。1575年に金森長近が築城したと伝えられています。1968年に再建された天守は資料館となっています。

0702

ページのトップにもどる

6月25日(金) 大阪府和泉市 ごみ減量等推進員(リサイクリーン)研修会
【和泉市コミュニティセンター多目的ホール】

和泉市では1995年度からごみ減量等推進員(リサイクリーン)の制度が設けられています。推進員は21の校区ごとに推薦を受け、市長が委嘱するもので、任期は2年、報酬はなしとのことです。これまでの主な活動は地域清掃活動や不法投棄監視などで、熱心に活動されている方もいらっしゃる一方、町会の充て職も多く、他の地域と同じように全体としての活動の活性化が課題のようでした。校区ごとに推進員の中から幹事役が選ばれており、今年度は幹事んが集まっての意見交換会を行いたいとのこと。こうした取り組みから、少しずつ活性化が図られていくのではないかと期待しています。

ページのトップにもどる

6月18日(金) 大阪市大正区 大正区廃棄物減量等推進員委嘱式
【大正区役所区民ホール】

3日連続の大阪市での研修会。最後は大正区で、ここも前日の港区と同じ西部環境事業センターが担当です。

0618

ページのトップにもどる

6月17日(木) 大阪市港区 港区廃棄物減量等推進員委嘱式
【港区民センターホール】

この日は大阪市港区の推進員(ごみゼロリーダー)委嘱式で、担当は西部環境事業センターです。

ページのトップにもどる

6月16日(水) 大阪市住之江区 住之江区廃棄物減量等推進員委嘱式
【住之江区役所会議室】

2010年度第1回めの研修会は大阪市住之江区です。大阪市は「ごみゼロリーダー」の愛称で4000人以上の推進員を委嘱しており、区ごとに委嘱式を行っています。管轄は区ではなく環境事業センターで、住之江区の場合は西南環境事業センターがごみゼロリーダーの活動支援の窓口となります。各センターには昨年度から啓発担当の職員が数名ずつ配置されており、推進員の活動の活性化もさることながら、啓発担当の職員がどれだけ市民の中に入っていって推進員と共に汗をかけるかがごみ減量の鍵になるように思います。

0616

ページのトップにもどる

廃棄物減量等推進委員の全国調査報告書

●廃棄物減量等推進員研修会資料をごらんいただけます
>こちら

その他の活動

  • 8月19日(木)
    千葉県流山市 ごみ減量推進員施設見学会・研修会(流山市クリーンセンター)
  • 8月21日(土)
    兵庫県三田市 廃棄物減量・リサイクル市民のつどい(三田市ウッディタウン市民センター)
  • 8月25日(水)
    兵庫県尼崎市 さわやか指導員研修会(小田公民館)
  • 8月31日(火)
    東京都西東京市 廃棄物減量等推進員会議(エコプラザ西東京)
  • 10月1日(金)
    大阪府島本町 廃棄物減量等推進員研修会(島本町ふれあいセンター学習室)
  • 10月7日(木)
    東京都国分寺市 廃棄物減量等推進員研修会(国分寺ターミナルビルLホール
  • 10月22日(金)
    宮城県角田市 環境衛生組合長研修会(角田市民センター大ホール)
  • 11月17日(水)
    秋田県能代市 廃棄物減量等推進員研修会(能代市文化会館中ホール)
  • 12月3日(金)
    千葉県市川市 市川市じゅんかんパートナー講演会(市川市市民会館
  • 2011年3月1日(火)または8日(火)
    埼玉県入間市 ごみ減量講演会(入間市総合クリーンセンターリサイクルプラザ研修室)