home >ごみ問題に関するQ&A>ビンのリユース・リサクルについてQ3

QandAびんについてのQ&A ②ワンウェイビンについて 

Q-3  ビンを資源として出すとき、
       どうして色別に分けなくちゃいけないの?
A-3  いったん着色されたガラスびんから
       色を抜くことはできないためです。

ビンにはそれぞれの色を出すために異なる金属(着色剤)が使われており(たとえば青色ビンならコバルトや銅、緑色ビンならクロムなど、茶色ビンなら鉄と硫黄)、いったん着色されたガラスびんから色を抜くことはできません。

そのため、たとえば茶色のビンを作るためには茶色ビンのカレットだけを原料として使わなければならないのです。「その他の色」のビンは、まとめてカレットとして再利用され、性能的には何も問題ありませんが、色が一定しないので用途が限定されます。(日本ガラスびん協会HP等による)

 

ページのトップにもどる

Question LIST

ごみの基礎知識

3Rの基礎知識

ビンのリユース・リサイクルについて

缶のリサイクルについて

ペットボトルのリサイクルについて

紙のリサイクルについて

家庭ごみの有料化について

プラスチックのリサイクルについて

生ごみ・食品ロスについて