home > about us> 会則

rules of a societyごみ減量ネットワーク会則

 第1章 総 則

(名称)
第1条 本会の名称は、「ごみ減量ネットワーク」(略称=「ごみ減ネット」)とする。
(事務局)
第2条 本会の事務局を奈良県生駒市有里町478番地9に置く。
(目的)
第3条 本会は、ごみの減量・再資源化につながるさまざまな活動を通して循環型の社会システムを確立し、1000年後も2000年後も人間やその他のあらゆる生物がそれぞれの生を全うできるような美しい地球環境を次の世代へ引き継いでいくことを目的とする。
(事業)
第4条 本会の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. (1)ごみ問題に関する調査研究
  2. (2)ごみ減量・リサイクル促進に関する啓発
  3. (3)ごみ問題に関する講演会・セミナー・シンポジウム等の開催及び講師の派遣
  4. (4)廃棄物減量等推進員の活動支援とネットワーク化
  5. (5)地方自治体や事業者との連携によるごみ減量・リサイクル促進の仕組みづくり
  6. (6)その他目的にかかわる事業

第2章 会 員

(会員)
第5条 本会は、次に掲げる者をもって構成する。
  1. (1)正会員  趣旨に賛同し、会費を納入して当会の運営に参画する団体及び個人。
  2. (2)賛助会員 趣旨に賛同する団体及び個人。
(会員の資格喪失)
第6条 会員が各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
  1. (1)退会したとき
  2. (2)死亡し、若しくは失踪宣言を受けたとき
  3. (3)団体が解散したとき
  4. (4)2年以上会費を滞納したとき
(除名)
 
第7条 本会の会員が、本会及び本会の会員の名誉を毀損し、本会の目的に反する行為をし、会員としての義務に違反するなど除名すべき正当な事由があるときは、総会の決議によりその会員を除名することができる。

第3章 役員等

(役員の構成)
第8条 本会に次の役員を置く。
  1. (1)代表 1人
  2. (2)理事 5人以内
  3. (3)監事 1人
(役員の選任)
第9条 理事は、総会の決議によって選任する。
2 代表及び監事は理事の互選とする。
(役員の職務)
第10条 代表は、本会を代表し、会務を総理する。 2 理事は、会務を執行する。 3 監事は、本会の業務執行の状況及び会計を監査する。
(役員の任期)
第11条 役員の任期は2年とするも、最終年度の総会までとし、再任を妨げない。

第4章 会議

(会議)
第12条 本会の会議は、理事会及び総会とする。
(理事会)
第13条 理事会は、代表、理事及び監事をもって組織する。
2 理事会は、次に掲げる事項を審議する。
  1. (1)総会に付議すべき事項
  2. (2)総会の審議を要しない業務の執行に関する事項
(総会)
第14条 総会は、正会員をもって組織し、代表が招集する。
2 総会は次に掲げる事項を審議する。
  1. (1)会則の改廃に関する事項
  2. (2)事業計画及び事業報告に関する事項
  3. (3)予算及び決算に関する事項
  4. (4)役員の選任に関する事項
  5. (5)会員の資格に関する事項
  6. (6)その他代表が諮問する事項
3 監事は、総会において本会の会計監査結果を報告するものとする。
(定足数)
第15条 会議は、構成員の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。
(議決)
第16条 理事会及び総会は、出席した正会員の過半数の同意で可決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
2 議決に当たっては表決委任を認める。
3 理事会及び総会の議長は、代表とする。

第5章 会計

(経費)
第17条 本会の経費は、正会員の会費、寄附金等をもって充てる。
(会計年度)
第18条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日で終わる。

第6章 会則の変更、解散等

(会則の変更)
第19条 この会則を変更するときは、総会の議決を経なければならない。
(解散)
第20条 本会を解賛するときは、総会の議決を経なければならない。

第7章 雑則 

第21条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、別に定める。
 

このページのトップにもどる