home > トピックス>2012年度廃棄物減量等推進員の交流大会を実施しました! >関西大会

topicsごみ減量ネットワークからのホットな話題

2012年度廃棄物減量等推進員交流大会 
全国5か所で開催しました!

■廃棄物減量等推進員 関西交流大会

開催日 2012年12月3日(月)
会 場 エルおおさか
主 催 ごみ減量ネットワーク
共 催 大阪市
後 援 環境省近畿地方環境事務所  大阪府 京都府 廃棄物資源循環学会
協 力 大阪ごみ減量推進会議
参加者数 188人


内 容

1.ごみ減量活動事例発表

(1)京都市 

講師/山内寛さん(京都市ごみ減量推進会議副会長)

 ・京都市では平成8年に、市民・事業者・行政の協働によってごみ減量を進めるため「京都市ごみ減量推進会議」が設立されました。その副会長を務める山内さんにより、山科区の山階学区における取り組みが紹介されました。同学区では、スーパーと連携して廃食油や古紙の回収が行われています。事業者との連携の秘訣について、「事業者だから協力するのが当然というのではなく、市民も役割を分担することが大切」と話しました。

(2)大阪市

講師/津田安基さん(西淀川区佃連合振興町会会長)

・西淀川区佃連合振興町会による廃食油回収の事例を発表していただきました。この取り組みが始まったのは、西淀川高校が菜の花プロジェクトの一環として廃食油の回収を始め、それに協力したのがきっかけとのことです。各町会に1か所ずつ回収所を設け、集められた廃食油はBDFなどに利用されています。また、オリジナルデザインのハンドソープを開発するなどの取り組みも行っています。

2.分科会

①生ごみの資源化をどう進めるか
   コーディネーター/北井弘(ごみ減量ネットワーク)
   話題提供/滋賀県甲賀市生活環境課

②プラスチックとレジ袋の減量をどう進めるか
   コーディネーター/森住明弘さん(NPO法人大阪ごみを考える会理事長)
   話題提供/山上春美さん(大阪ごみ減量推進会議副会長)

③古紙リサイクルの現状と課題
   コーディネーター/須田充訓さん((株)須田商店社長)
   話題提供/實守敏訓さん(實守紙業(株)社長)

④リユースをどう推進するか
   コーディネーター/西村優子さん(Rびんプロジェクト代表)
   話題提供/中島光さん(World Seed副代表理事)

⑤地域で取り組むごみ減量
  コーディネーター/藤本千恵さん(森之宮環境をよくする会代表)
  話題提供/原田智代さん(せいわエコ・サポーターズクラブ代表)

・大阪市の廃棄物減量等推進員(ごみゼロリーダー)をはじめ、関西全域から廃棄物減量等推進員や行政職員などさまざまな方が参加されました。分科会では、5つのテーマごとに話題提供者から具体的な事例をご紹介いただき、それをもとに参加者同士で熱心な意見交換・情報交換が行われました。

 

トピックスのトップに戻る

2012年度
廃棄物減量等推進員交流大会

  • 九州交流大会
  • 中部交流大会
  • 関西交流大会
  • 関東交流大会
  • 東北交流大会